借金には時効がある!?
お金
カテゴリー
記事
■自己破産

自己破産は任意整理の最終手段になります。

全く返せる見込みがない場合に、必要最低限のもの以外を
債務者に分配し、借金を帳消しにする方法です。
誰にでも適用されるわけではなく、デメリットも多くなります。

自己破産の申立てをし、破産手続と免責手続を行います。
申立てをすると取り立てや督促を止める事が出来ます。

生活に必要なものをのぞき、99万円以上の現金、
現在の評価額が20万円以上の物、
家、車、土地などを手放さなければなりません。
戸籍・住民票・免許証などに自己破産の事が
記されることはありませんが
信用情報機関(ブラックリスト)に記録が残る為5〜10年は
ローンを組んだりクレジットカードの発行や
消費者金融などの借入れを受ける事は出来なくなります。
(銀行・郵便局への預金や公共料金の引き落としは出来ます)
免責決定が下りても税金の支払い義務は免れません。

申立や免責が下りるまでの手続き中は
一定の職業に就くことを制限されたり
長期間住所地を離れる場合には許可を得る必要があります。

■保証人の場合
自分の借金だけでなく、保証人になっていた場合も
借金を返済しなければなしません。
債務者が自己破産した場合、
保証人に支払い能力が無い場合は保証人も
任意整理を行う必要があります。
親が亡くなった場合、遺産だけでなく借金も相続しますが
親が保証人で亡くなった場合も借金を相続します。
帯保証人であると知ってから3ケ月以内に
家庭裁判所に届を出せは連帯保証を放棄できます。
しかし、遺産同様に相続する財産も放棄する事になります。