借金には時効がある!?
お金
カテゴリー
記事
■債務整理で借金返済

金融業者からの借り入れで返済できなくなり
月々の利息や延滞利息など、
気が付けば借りていた額から想像出来なかった額の借金を
抱える事になってしまったら、どうすれば良いのでしょう。

借金問題を解決する為には
借金の減額や、帳消しにする債務整理を行わなくてはなりません。
債務整理と聞けば自己破産だと思われがちですが、
任意整理・特定調停・民事再生・自己破産があります。

■任意整理
司法書士や弁護士が債務者の代理人となり、
債権者(消費者金融など)と話し合い返済に向けて
借金額の減額や支払期間を延ばして返済して行く方法。
プロに任意整理を委任する事で
取り立てや督促を止める事が出来ます。
過払い金が発生していた場合には、超過分が返還されます。
家などの財産を処分する必要はありません。
和解が成立した後で返済が滞る事は基本的に許されない事と
ブラックリストに載ってしまう事も覚悟しなければなりません。

■特定調停
債務者本人が申立人として簡易裁判所に
返済の減額や支払期限などの申し立てをする方法。
債権者と交渉するために専門知識を持った
調停委員が間に入り話し合いを進めます。
取り立てや督促を止める事が出来き、たりブラックリストの
デメリットは任意整理と同じですが調停成立後に
返済が滞ってしまうと、差し押さえの可能性があります。

■民事再生
借金の額が大きくて、返済が不可能な場合に
裁判所に申し立てをして借金額を(住宅ローン以外)
大幅に減らしてもらう方法です。
マイホームなど手放したくない財産がある場合に行います。
(自己破産の場合、借金は帳消しされますが、
家などの財産を手放さなくてはなりません)
住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下で
安定した収入があり、将来的にも返済が出来る状況にある場合
民事再生を行う事が出来ます。
デメリットはブラックリストに載ってしまう
官報にも載ってしまう為第三者に知られる可能性があります。
皆無整理の中で一番手続きが大変です。