借金には時効がある!?
お金
カテゴリー
記事
■借金の時効

■消滅時効
お金を借りた後、 請求がされないまま一定期間が過ぎると
その借金は返済しなくてもいいと言う法律があります。
つまり借金には時効があるという事です。

個人からの借金の場合、請求権は10年、
金融業からのローンやキャッシングの請求権は5年で時効を迎えます。

借金の時効と言ってもただ時間が過ぎれば良いものではなく
時効を過ぎた後で、時効を宣言する『時効の援用』を
債権者に通告しなければなりません。
さらに、時効を成立させるにはいくつかの条件があり
債権者がやすやすと時効を成立させることはしないでしょうし
かなり難しいものになります。

時効を待つ5年の間も、利子や延滞利子がかさみ
債務はどんどん膨らんでしまします。
移住先を知られないようにするために
住民票は移動できないでしょう、それだけでも
国民健康保険、結婚、就職、
家族の葬儀(死亡届)、選挙、海外旅行
国や市・区からの各種支援や保障・公的サービスなどに困ります。
保険証が無いと、病院で治療費を払うのは大変です。
病気・ケガ・虫歯など、治療を受けられないかもしれません。
就職や結婚も出来ないでしょう

逃げている間は、人目を避けたり
ちょっとした事でも、借金の取り立てに来たのではと、
落ち着いた生活は出来ないでしょう。
常に精神的にかなり追いつめられることになるでしょうし
自己破産を申告した方が遙かにマシだと感じるのではないでしょうか